2020年07月06日

【東京都知事選】投票率が下がったにも関わらず、前回超えの366万票で圧勝の小池都知事、都民が冷静な判断をした結果ですよ・・・日本第一党の桜井誠氏が18万票を獲得したことが今回最大の衝撃ですね、個人的には






昨日投開票が行われた東京都知事選の
結果について、東京にもよく行く
神奈川県民の立場から所感を少し
述べて参りたいと思います。

そもそも、今回、事前に当ブログでも
東京都知事選について話題にすることが
ないくらい、小池都知事の再選は分かり
切っていました。

問題は「圧勝なのか、辛勝なのか」でした。

結果は圧勝。

投票率が前回より落ちているにも関わらず、
小池都知事は前回超えの約366万票を獲得。

前回より70万票以上を上乗せし、歴代
2位の得票を獲得した理由は何か?

やっぱりねえ、このコロナ禍の中で、
都民も「都知事を変えたら、ますます
混乱になる」と冷静な判断をした結果
じゃないですか。

ましてや、東京五輪だって来年に延期
されているわけで、中止の可能性も
否めませんが、開催となった場合、
新たな知事では「果たしてできるのか」
となりかねない。

私が都民だったとしても、今回は小池
都知事に一票を投じたことでしょう。

野党は惨敗しました。

これ、野党側からは「分裂した結果だ」
という声も上がっていますが、2位の
宇都宮健児氏が約84万票、3位の山本太郎
氏が約65万票。

足しても約150万票では、小池都知事の
獲得票の半分にも及ばない。

ついでに言えば、4位の維新の小野泰輔
氏は約61万票で、2位から4位をすべて
足しても小池都知事には100万票以上
及ばない。

今回、コロナ禍で小池都知事は一度も
街頭演説をせずに、コロナ対策に専念
しました。

それでいて、この結果です。

特殊な状況下ということもありますが、
野党側が「実現可能な代替案」を全く
出せなかったことも、野党の惨敗の
理由でしょう。

これは、都知事選に限らず、国政でも
いつもそうですが。

むしろ、私が今回、最も驚いたのは、
元在特会で日本第一党の桜井誠氏が
18万票を獲得し、5位に入ったことです。

6位のN国・立花孝志氏より13万票も
多かった。

これが何を意味するのか。

保守の中でも「極右」と一般的に
呼ばれる層が都内でも増えてきたと
いうことです。

私も保守を自称しており、桜井氏の
論調に一部は賛同するところもない
わけではありませんが、氏の場合、
「外国人はすべて排除」などという、
やや急進的な国粋主義がどうしても
目につく。

まあ、80日も連続して中国公船による
尖閣諸島付近への侵入が続いている
のに、産経新聞以外のマスコミは
ほとんどニュースにしなかったり
していますから、「打開策」を求める
保守は桜井氏に一票を投じたのかも
しれません。

そういった現状に煮え切らない一定の
層が桜井氏を支持したということですよ。

もっとも、これは東京都知事選です
から、都知事が中国に対して何か
できるわけではありませんがね。

それは国政の仕事ですから。

むしろ、桜井氏は国政に出馬した方が
いい。

一方、前回の衆院選で旋風を巻き起こ
したN国の立花孝志氏は約4万票に留まり
ました。

飽きられたね。

また、先の衆院選でのまさかの議席獲得
後の氏のエキセントリックとも思われる
言動に、都民は「No」を突きつけたとも
言えます。

都民はバランス感覚を発揮したとも
言えます。

桜井氏の大躍進以外に特に驚きはなかった
今回の都知事選ですが、「都民の冷静な
判断」に、私は拍手を送るまでではないに
しても、頭を垂れたいと思います。



*最近、ベストセラーになっているこの本、
私も読んでみたいね。電子書籍でも読める
みたいだし。↓



posted by あらやまはじめ at 20:13| 神奈川 ☔| 東京都知事選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ↓

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


ニュース全般 ブログランキングへ