2020年07月25日

【怒!】阿炎の休場理由、これはもう考えられないレベルです・・・「二度あることは三度ある」を地で行ったこのバカ野郎は、もはや相撲を取る資格などない、角界から永久追放にすべき、ナメるのもいい加減にしろ、ふざけるな





夜も遅いので、手短かに参ります。

先の相撲ブログでも予告しましたが、
阿炎の休場理由、これはもう考えられ
ないレベルの話でして、ここで述べる
ことも嫌になりますが、一言。

そもそも、相撲協会は協会をあげて、
七月場所の開催にこぎつけました。

名古屋から両国に移してね。

その開催のために、このコロナ禍です
から、当然、様々な制限を付けました。

その中には「不要不急の外出の自粛」
も入っていました。

ましてや、陽性者が東京都内では激増
しています。

であれば、力士でなくとも、一人の
人間として、不要不急の外出を自粛
するはず。

私だって、この4連休中、近場への
買い物以外、外出はしていませんよ。

みんな、我慢しているんだ。

ところが、阿炎、師匠の錣山親方に
よれば「数人のお客様と会食に行った」
ため、大事を取って休場することに
なったと。

もうねえ、空いた口が塞がらない。

阿炎という力士は昨年も、弟弟子を
テープでぐるぐる巻きにして不謹慎
動画をアップしては、相撲協会から
厳重注意を受けている。

これにより、相撲協会は力士のSNSを
禁止したわけですが、その研修会の
後、記者から感想を問われた阿炎は
「寝てた」と言い放つ始末。

「二度あることは三度ある」と思って
いたら、今回、「会食で休場」なる
前代未聞の事態を招いた。

バカ野郎です。

こんなバカは、もはや相撲を取る資格
などない。

おそらく、本人は無頼派を気取って、
「相撲協会に反することをすれば
カッコいい」などと思っているのかも
しれませんが、力士はあくまで相撲
協会という組織の一員です。

その組織のルールを守れない人間は、
相撲協会に限った話ではない、その
組織にはいられないということです。

そこいらの普通の会社組織だってそう
じゃないですか。

嫌な仕事でも生活のために我慢して、
組織のルールを守っている。

それが大人というものです。

組織のルールを守れないのであれば、
辞めるしかないのは世の中では当然の
話です。

はっきり言いましょう。

一度や二度じゃない、三度も組織の
ルールを守れずに迷惑をかけた阿炎は
角界から永久追放にすべきです。

ナメるのもいい加減にしろ。

ふざけるな。

以上。






ラベル:阿炎 錣山親方
posted by あらやまはじめ at 23:40| 神奈川 ☁| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ↓

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


ニュース全般 ブログランキングへ