2014年04月16日

【速報】オボちゃんにとっての笹井氏の存在は、AKBにとっての秋元康さんのようであることがよく分かりましたよ

どうやら、まだ続いている「オボちゃん
の上司」、笹井芳樹氏の会見、私は、
所用により、15時から見ることはでき
ませんでしたが、冒頭の部分はラジオ
で聞き、全貌は先程、ニュースで確認
しました。

オボちゃんの会見と比べると、オボちゃん
には失礼ながら、笹井氏は「学者」と
いう感じがしましたね、一言で言えば。

さて、笹井氏の会見の要旨に関しては、
テレビのニュースに譲るとして(はっきり
言って、難しすぎた)、重要な一言が
彼の口から吐かれたことを私は見逃し
ませんでした。

「STAP細胞は、これからも研究するに
値する仮説だ」

と。

さらには、

「STAP細胞がなければ、説明できない
現象がある」

とも。

これが、何を意味するか?

STAP細胞は、完全に証明されてはいま
せんが、実在するということですよ。

笹井氏は、よくよく聞けば、オボちゃんの
実験に参加していたわけではありません。

というか、言葉は悪いが、笹井氏は
「そのレベルの人ではない」。

オボちゃんたちが実験で出した結果を、
最後に「魅力ある論文」にするための
プロデューサーのような存在というかね。

AKBで言えば、秋元康さんのような存在
です。

細かいところまでは知らないという
のが本音でしょう。

だから、すっきりさせるために、論文
撤回にも賛成したのだと思いましたよ。

まだ、会見は続いているようですから、
新たに何か発表されているかもしれません
が、それは、夜のニュース、さらには、
明日の朝刊でじっくり確認しましょう。

…それにしても、オボちゃんのおかげで、
これまで全くと言っていいほど興味が
なかった細胞の分野に、私はだんだん
興味が出てきましたよ。

そういう御仁は多いんじゃあないか。

私もそうですが、文系の人間に理系の
面白さを教えてくれた存在と言っても
過言ではありませんよ、オボちゃんは。

それだけでも、彼女は十分貢献して
いると思うんですがねえ、日本に。

どう思いますか、あなたは?

posted by あらやまはじめ at 18:00| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 笹井芳樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ↓

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


ニュース全般 ブログランキングへ