2020年06月06日

【訃報】横田滋さんの死について、野党の連中は何も語る資格などない・・・そもそも「拉致されたら国を挙げて取り返す」のが国家の責任でしょう、それを阻む憲法改正に反対している連中が滋さんを殺したようなものですよ、無念極まりない






昨日から私は頭に来ています。

愛娘の横田めぐみさんを拉致されては、
長年に渡り苦労した父親の横田滋さんが
お亡くなりになりました。

まず、横田めぐみさんが北朝鮮に拉致
されたこと自体、明らかにされたのは、
拉致されてだいぶ経ってからです。

そもそも、北朝鮮寄りの朝日新聞などは、
「地上の楽園である北朝鮮がそんなことを
するはずがない」というスタンスを長年
取り続けてきました。

それを真に受けていた野党(当時の社会党)
が「北朝鮮による拉致はない」と言って、
膠着していたというのが前提にあります。

その膠着状態を破ったのが、小泉純一郎
首相による電撃的な北朝鮮訪問だったわけ
ですが、小泉さん以上にこの問題に注力
していたのが、時の副総理であった現総理
の安倍さんですよ。

安倍さんがなぜ憲法改正をしようと思って
いるのか、それは、この拉致問題が大きく
絡んでいます。

そもそも「拉致されたら国を挙げて取り
返す」のが国家の責任です。

日本以外の99%以上の国家は、軍を送って
でも取り返します。

ところが、日本の場合、アメリカが作った
憲法により、国外に軍隊(自衛隊)を送れ
ない。

その不備だらけの憲法を改正しようとするも、
中国・北朝鮮寄りの野党(立憲民主党に、
社民党に共産党)によって、改正のための
審議すらできない状態です。

自称「平和主義者」の野党連中は「話し合い
で解決すべき」と言っています。

ですが、そもそも、一方的に拉致されたん
ですよ。

北朝鮮による国家犯罪なんです。

犯罪を話し合いで解決できるのであれば、
刑務所はいらない。

しかも、国家犯罪です。

北朝鮮もろもろ刑務所に入れなければ
ならないくらいの大犯罪なのですが、
なぜか野党の連中は「人道的にどうの
こうの」などと言って、取り合わない。

一方的に拉致した連中に「人道」も何も
ないでしょうが。

なぜ、こんな簡単なことが分からないのか。

そういう野党を支持する人々が一定数いる
ということ自体も、私に言わせれば「何を
かいわんや」です。

いや、与党へのチェック機能として野党が
必要なのは分かります。

ですが、今の野党はチェックなど一切せず、
いちゃもんだけつけては、与党の邪魔だけ
して、日本の国益を損なう行為ばかりを
している。

なんだろうねえ。

私も若い頃は自民党が嫌いでした。

なにしろ、「55年体制」が40年近く続いて
おり、下野した方がいいと思っていた。

実際に、90年代以降、2度自民党は下野
しました。

その時は快哉を叫びましたが・・・。

結果、その快哉を叫んだ我が身が間違って
いたことを後に知るところとなりました。

特に、民主党政権の後は。

「訳の分からない連中が政権を取ると、
我が国が滅茶苦茶になる」ということを
民主党政権で思い知りました。

東日本大震災の時に民主党政権だった
ことは日本の悲劇でした。

あの民主党政権によって、この拉致問題
だって、数年停滞を強いられた。

今になって、野党の連中が横田滋さんの
死について、いろいろ語っているようです
が、はっきり言って、語る資格などない。

話し合いで解決できない、無法国家の
北朝鮮に対して、いつまで経っても
「話し合いで平和に解決すべき」なんて
生ぬるいことを言っていたから、いまだに
解決できていない。

結局、憲法を改正して、「拉致があったら、
自衛隊を送ってでも取り戻す」という強い
決意を示さなければ、北朝鮮だって何も
しませんよ。

「平和ボケ」の連中が多いことによって、
滋さんはめぐみさんを再び見ることも
できないまま、お亡くなりになった。

はっきり言う。

憲法改正に反対している連中が滋さんを
殺したようなものですよ。

誠に無念極まりない。

なぜ、こんな簡単なことが分からないのか。

野党が大好きな中国だって韓国だって、
欧州だって、皆、自国民が拉致されれば、
軍を送って、取り返しに行きますよ。

それが普通です。

それが普通の憲法なんです。

なぜ、日本だけ、「普通の憲法」を作れ
ないのか。

滋さんの無念を思えば、今こそ、「普通の
憲法」にすべく、全国民が動くべきだと
思うのですが。

分かってもらえないかなあ。



*滋さんとめぐみさんに関する著書、
いくつか紹介しておきます。↓









posted by あらやまはじめ at 23:42| 神奈川 ☁| 北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ↓

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


ニュース全般 ブログランキングへ