2020年02月09日

「ミスター赤ヘル」、山本浩二さん、73歳、よくぞ復帰しましたよ!・・・がんの手術4度を含め、昨年1年間で7度の手術とは恐れ入る、こういう人には一年でも長生きしてほしいと切に願います、というのも・・・






昨日のサンケイスポーツの一面記事
ですが、これはどうしても取り上げ
たかったので、今日、記事にする
ことにしました。

元広島の大打者、山本浩二さん。

「ミスター赤ヘル」と呼ばれた、
カープ史上最高のバッターも73歳。

しばらく見ないなあと思っていたら、
なんと、昨年、がんの手術4度を含め、
1年間で7度の手術をしていたと・・・。

こういう話を聞くと「恐れ入りました」
という他、ありません。

というのも、私の父は今から10年くらい
前に69歳でがんで亡くなっているから
です。

なんだろうねえ、やっぱり、プロで一流
の選手だった人は体が強いんだろうね。

そうとしか思えません。

サラリーマンだった私の父は、それでも
高校時代までは野球をやっていて、それ
なりに体も強かったと思われますが、
あっという間に逝ってしまった。

ストレスもあったのでしょうし、今と
なっては何とも言えませんが、プロは
違うんだろうなあとつくづく思いました。

こういう人には一年でも長生きしてほしい。

切に願いますね。

同じようにがんで大変な思いをしている
高齢者は全国にたくさんいるはずです
から。

まずは、解説で元気な姿を見せてほしい
ですね、山本浩二さんには。



*私くらいの世代にとっては、「ON後の
スーパースター」の一人である山本浩二
さん。その関連グッズをいくつか。↓









posted by あらやまはじめ at 22:37| 神奈川 ☀| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ↓

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


ニュース全般 ブログランキングへ