2019年10月07日

「カネやん」、金田正一さんの訃報が今日は在京スポーツ紙全6紙で一面はうれしかった・・・日刊スポーツで吉田義男さんが語った「カネさんは同い年ではない、実は彼が年上」の言葉にはいろいろ想像させられました・・・




昨晩、当ブログで「カネやん」、金田正一
さんの訃報について語らせて頂きました。

今日も語らせて下さい。

なにしろ、語りたいことがたくさんあります。

まず、今日の在京スポーツ紙の話題から。

全6紙で一面はうれしかった。

阪神一辺倒のデイリースポーツも、中日が
メインの東京中日スポーツも「金田」の
デカ字を一面に持ってきました。

私は「カネやん」がデカ字の日刊スポーツ
を購入しましたが、1面から3面は「カネ
やん」の話題。

その中でも2面に載っていた、元阪神の
「ヨッさん」、吉田義男さんの追悼記事は
最も印象に残りました。

「カネさんは同い年(86歳)ではない、
実は彼が年上」なる言葉です。

「ヨッさん」は「カネやん」から直接、
本人から打ち明けられたと語っています。

これはねえ、いろいろ想像させました。

「カネやん」は1933年生まれです。

かの張本勲さんが追悼記事で語って
いましたが、「カネやん」も在日です。

なので、いろいろ、語れないことも
あったのであろうと思いますよ。

今日のニッカンには「2017年まで
カネやんはロッテの取締役だった」
ことも書かれていました。

ロッテ球団も、元々、オーナーは
韓国人ですから、同胞のつながりが
あったであろうことは容易に分かり
ます。

でもねえ、そういう「在日」とか
全く関係ないですよ、「カネやん」
の成績を見ればね。

圧倒的ですから。

私は「カネやん」の現役時代はもちろん、
ロッテ監督で日本一になった時もリアル
タイムでは知りません。

ですので、今日、改めて、「カネやん」
の現役時代の年度別成績を見てねえ、
ちょっと「こりゃあ、ありえない!」と
思いました。

14年連続20勝はもちろんですが、特筆
すべきはその「完投数」です。

なんと、365完投!

400勝も凄いですし、298敗も凄いですが、
勝ち負け関係なく、365回も完投した!

実働20年でこの記録ですからね。

単純計算すれば、毎年20勝して、18回は
完投していたことになります。

もう、ありえないよね、「カネやん」の
実績は。

「カネやん」の次に勝利数の多い350勝を
挙げた米田哲也さんのコメントも載って
いましたが、その50勝の差以上に、特筆
すべきは「カネやん」の奪三振数ですよ。

「カネやん」が4490奪三振で日本記録で
あることは昨日の当ブログでも触れました
が、2位の米田さんでさえ3388奪三振です
からね。

1000以上の差がある。

こんなピッチャーは二度と現れない。

今朝のNHKのニュースでもトップニュース
で「カネやん」の話題を5分ほど流して
いましたが、それくらいの大選手だった
ことだけは、若い野球ファンにも分かって
もらいたいですね。

うちの高3の娘も、「カネやん」がトップ
ニュースで報じられて、眠い目も少しは
開いたのではないかと思います。

「カネやん」の話題は尽きない。

「カネやん」の持つ記録を見て、驚いた
のは投手として36本のホームランを
放っていることです。

さらには、代打で2本のホームランも
放っている。

「元祖二刀流」は「カネやん」じゃない
ですか!

王貞治さんや長嶋茂雄さんのコメントも
寄せられましたが、「カネさんが亡く
なったことが信じられない」というのは、
「カネやん」が最後まで元気な姿を
見せていたからでしょう。

「カネやんでさえ亡くなる」という
現実を突き付けられ、我々野球ファン
だけではなく、実際に対戦したプロ
野球選手までもが呆然とするという
シーンは、近年では見たことがない。

もっともっと語りたいですが、今、
両リーグでCSのファーストステージ
の熱い戦いが繰り広げられています。

「カネやん」もあの世で「オレの
訃報記事ばかり取り上げるな」と
叫んでいるかもしれない。

この辺で終わりにしたいと思います。



*「カネやん」のカード、最後に紹介
しておきましょう! ↓









posted by あらやまはじめ at 21:21| 神奈川 ☔| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ↓

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


ニュース全般 ブログランキングへ