2019年10月06日

【速報・訃報】「カネやん」、金田正一さんが亡くなった?・・・日本プロ野球界唯一の400勝ピッチャー、14年連続20勝以上、歴代最多の4490奪三振はソラで言えるくらいのレジェンド・・・晩年のロッテ監督時代や解説者の頃の愛ある毒舌も懐かしい、ご冥福をお祈りいたします




なんということだろうねえ・・・。

先程、「カネやん」こと金田正一さん
の訃報を聞きました。

86歳でしたか?

でもねえ、そんな年齢を思わせない
くらい、つい最近まで表舞台にも
よく出ていた印象があります。

私は48歳ですので、「カネやん」の
全盛期のピッチングをリアルタイム
では一度も見たことがありません。

ですがねえ、物心ついて、プロ野球に
ついていろいろ調べ始めたら、「カネ
やん」の生涯成績が400勝298敗で
あることを小学生の低学年の頃に
知りました。

298敗も最多敗戦の記録ですが、それは
弱い国鉄スワローズにいたからでしてね。

いや、弱い国鉄にいながら400勝をした
ということこそが、むしろ特筆すべき
ことですよ。

なにしろ、日本プロ野球界唯一の
400勝ピッチャーです。

高校を中退してプロ入りし、14年連続
20勝以上。

歴代最多の4490奪三振。

これねえ、別に改めて調べたわけでは
ありません。

これらの「カネやん」の記録は、既に
私の頭の中に昔からインプットされて
いるんです。

私だけでなく、オールドファンは皆
そうでしょう。

それくらいのレジェンド。

ホント、一度でいいから、その往年の
ピッチングを見たかった。

こればかりは、叶わぬ夢ですがね。

私が高校生の頃、プロ野球を見始めた
時に、「カネやん」はラジオで解説を
よくしていました。

巨人びいきでしてね。

ただ、今でも覚えているのは、「カネ
やん」が言った「私は別に巨人びいき
ではない、あくまでOBだからそういう
立場なんだ」という、苦し紛れの(?)
弁明でした。

その後、ロッテの監督に再度就任した
時の「カネやん」は一番、印象に残って
います。

90年代前半ですね。

監督としては何度も乱闘をし、また、
解説者に戻っては愛ある毒舌を聞か
せてくれました。

90年代後半は「週刊ポスト」の年末
恒例の「BIG3対談」を読んだものです。

「BIG3」とは、「カネやん」と長嶋
茂雄さん、王貞治さんです。

そんな「BIG3対談」もいつしかなく
なり、「カネやん」の姿を見る機会も
減っていきました。

「カネやん」を最後に見たのは、何年
前だったか、巨人戦の始球式で、長嶋
茂雄さんが打席に立った時だったような
気がします。

もうねえ、「カネやん」についての
思い出は尽きない。

そもそも、現役時代を知らない「若造」
の私でさえこうなんですから、当時を
知るオールドファンはもっとでしょう。

国鉄ファンは特にね。

その言動や破天荒な素振りを私もよく
覚えているからこそ、喪失感が大きい。

「走れ、走れ」が「カネやん」の口癖
でした。

それは、走ったからこそ、400勝を挙げる
ことができた「カネやん」の遺言です。

ロクに走りもせずに、筋トレばかりして、
野球に関係のない筋肉ばかり付けては、
ケガをしているプロ野球選手のいかに
多いことか。

少しは「カネやん」の言うことを聞け
って。

もう、悲しくて仕方がない。

「カネやん」節が聞けなくなると思うと。

私は高3の娘にさえ、事ある毎に「400勝
を挙げたカネやんは、こうだった」と
言っていますが、それももはや言えなく
なってしまう。

こんなに大きい喪失感はなかなかない。

「カネやん」、金田正一さんのご冥福を
お祈りいたします。



*「カネやん」関連の本、いくつか取り
上げておきたいと思います。↓








posted by あらやまはじめ at 22:01| 神奈川 ☁| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ↓

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


ニュース全般 ブログランキングへ