2019年05月24日

【速報!】「食品ロス削減法」の成立は画期的!・・・「食べ物を粗末にしてはいけない」ことは誰もが子供の頃に教わってきたはず、企業の論理だけではいけないということですよ




出先ですので、手短かに参ります。

今日の参議院本会議で「食品ロス
削減法」が全会一致で可決され
ました。

反対はゼロ。

与野党が皆、ここまで一致すると
いうことも珍しいですが、この
法案の成立は非常に画期的です。

コンビニの食品廃棄はもちろん
のこと、近年ではスーパーでの
恵方巻きの大量廃棄が問題と
されてきていました。

食べられるものが、企業の論理で
どんどん捨てられていくことに
疑問を抱いていた人々がいかに
多かったか、この法案に反対
する議員がゼロだったことを
見てもよく分かります。

「食べものを粗末にしては
いけない」ということは誰もが
子供の頃に教わってきたはず。

ところが、そんな子供が大人に
なって就職すると、企業の論理が
先に立ち、結果、「賞味期限が
過ぎたものは捨てなさい」と
いうことが当たり前となって
しまう。

「そうしないと、クレームを
つけてくる消費者がいるから」

確かにそれはそうなのですが。

今回は企業の論理があまりに
行き過ぎたことに対する一般
消費者の「反乱」のような
ものです。

ほとんどの消費者はクレーマー
ではないわけですから。

この法律の施行により、簡単に
食品を捨てることはできなく
なるわけですから、一般消費者に
とっても値段が下がったりして
有難いことですし、クレーマー
だっていちいちつまらぬケチは
つけられなくなるでしょう。

一日も早い施行を待っていますよ。




*興味深い一冊です。↓



posted by あらやまはじめ at 12:46| 神奈川 ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ↓

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


ニュース全般 ブログランキングへ