2018年10月20日

サウジアラビア人記者、ジャマル・カショギ氏がトルコのサウジ総領事館で殺害されたニュースを聞いて一言・・・「言論の自由」のない国はまだこんなにある、日本はまだずっとマシだと思わなきゃね




なんとも、むごたらしい殺害事件が
トルコのサウジアラビア総領事館で
起こりました。

かねてからサウジアラビア王室に
対して批判を続けてきたサウジ人
記者、ジャマル・カショギ氏が
殺害されたと・・・。

昨日までサウジ王室はカショギ氏
の死亡を認めていませんでしたが、
今日になって、「けんかの行き過ぎ
により死亡した」と認めました。

「けんかの行き過ぎ」?

そんなことで、死亡することが
あるのか?

当初、この殺害事件にはサウジ
の皇太子が関与しているのでは
ないかという憶測が飛びました。

サウジ王室のイメージをこれ
以上悪化させないためにも、
「けんかの行き過ぎで死亡した」
と言い張りたいのでしょう。

アメリカのトランプ大統領が、
さすがは「言論の自由」国家
です、すぐにこの問題に反応
しては、制裁も辞さない構えを
見せたことも、サウジ王室に
迅速な発表を促す要因となり
ました。

殺害事件の全容解明はこれから
になりますが、サウジ王室の
関与があったであろうことは
容易に想像が付きます。

「言論の自由」がない国です
からね、結局は。

サウジに限らず、中東全般は
おろか、アジアでも中国、
北朝鮮あたりは「言論の自由」
はないに等しい。

我々日本人が当たり前のように
思っている「言論の自由」の
ない国がいかに多いことか。

改めて感じさせられましたよ、
今回の殺害事件のニュースを
聞いて。

日本でこういう事件が起きる
のは考えにくい。

まあ、戦前の日本のことを考え
ればあまり偉そうなことも
言えませんが、今の日本の
状況を思えば、まだずっと
マシだと思わなきゃね。

そう思わなきゃバチが当たり
ますよ。



*「サウジアラビアの変貌」に
ついて、この一冊は興味深い
ですね。↓




posted by あらやまはじめ at 14:07| 神奈川 ☁| 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ↓

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


ニュース全般 ブログランキングへ