2018年10月11日

【速報】阪神・金本監督の辞任は「切腹」と同じ、でも、頭がいいですよ・・・関西のマスコミが「辞めろ!」と大騒ぎする前にスパッと辞めたのですから・・・誰が阪神の監督など好き好んでやりたいと思うものか





阪神の金本監督が今日、電撃的に辞任
しました。

今日はこの話題を少し取り上げたいと
思います。

このニュースを聞いて、私がまず思った
のは、金本監督の辞任は「切腹」と同じ
だということです。

自ら、腹を切った。

大袈裟でもなんでもなく。

戦国時代なら、金本監督は死んでいた。

まあ、今の日本は民主主義国家ですから、
切腹して死ぬことはないわけですが。

阪神の監督人事は、巨人同様、魑魅魍魎
の世界です。

つい先日まで、阪神球団は金本監督の
続投を明言していました。

今日の「阪神機関紙」とも言える、
デイリースポーツでも、金本監督が
シーズン最終戦で、ファンに懺悔こそ
すれども、「辞任」という文字は一言も
書いてありませんでした。

ただねえ、阪神の最下位が決まった時点で、
なんぼ金本監督が複数年契約をしていたと
しても、私は「自発的に辞めるはずだ」と
思っていました。

だって、17年ぶりの最下位に沈んだ
阪神の責任を問う声は、間違いなく、
来シーズンの開幕戦まで関西のマスコミ
は叫び続けるわけですから。

金本監督は頭がいいですよ。

これ以上続けたところで、精神的に
耐えられなくなるであろうことを
悟ったのでしょう。

自らの心身を病んでまで監督をやる
必要などありません。

ましてや、阪神の監督は。

はっきり言って、阪神の監督ほど、
理不尽なものはないと私は思って
います。

別に負けても、お客さんは入るわけ
ですよ、甲子園球場には。

経営的にはペイするんです。

ところが、近年の阪神球団並びに
阪神ファン、さらには関西マスコミ
は、阪神の勝利を必要以上に求める
ようになりました。

これは、かつての阪神にはなかった
事態です。

プロ野球の他球団、並びに、日本
全体の「成果主義」を求める傾向に、
阪神も屈したということでしょうなあ。

頭のいい金本監督は、さっさと「切腹」
して、「こんなアホらしい世界とは、
しばらく縁を切ろう」と思ったの
でしょう。

同感です、私も。

関西のマスコミはいつまで同じことを
繰り返すんだろうねえ・・・。

関西のマスコミは、関東に住む我々
からはなかなか分からないところも
ありますが、阪神の監督を見限ると
「これでもか」と叩く傾向があると
いうことは、かつての野村克也監督
が著書で明かしており、私もなんと
なく分かります。

私も何度か関西方面に旅行や出張に
行ったことがありますが、「これでも
か」というくらい、関西のスポーツ紙
は阪神が一面ですからねえ。

関西マスコミが、金本監督に対して
「辞めろ!」と大合唱するのは時間の
問題でした。

そうなる前に辞任した金本監督の決断、
私は評価したいですね。

なんぼ「鉄人」だって、人間ですよ。

完膚なきまで叩いてどうする?

本当に、金本監督は気の毒ですよ。

これが、同じ関西でもオリックスの
監督だったら、ここまで叩かれずに
済んだはず。

誰が阪神の監督など好き好んでやりたい
と思うものか。

それでも、ドラフト会議まであと2週間
です。

決めなきゃいけない。

元阪神、オリックス監督の岡田彰布さんの
再登板しかないんじゃないですか。

他に誰がいる?



*「金本阪神」について、岡田さんが
書いているこの著書、注目です! ↓










posted by あらやまはじめ at 22:33| 神奈川 ☁| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ↓

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


ニュース全般 ブログランキングへ