2018年06月14日

【米朝首脳会談】はっきり言って、トランプ大統領は金正恩委員長に譲歩しすぎた感はありますが・・・拉致問題も提起できたし、初回ですから、これからじゃないですか




最近、政治的発言を意識的に控えている
私ですが、さすがにこの話題については
一言触れておきたいと思います。

一昨日、実施された「史上初の米朝首脳
会談」について。

遅ればせながら、ですが。

様々な意見が各方面から出ており、私も
思うところはいろいろありますが、一言
だけ述べておきましょう。

「トランプ大統領は金正恩委員長に譲歩
しすぎた」

なぜ、トランプ大統領は北朝鮮の核廃棄
の期限を設けずに、米韓合同軍事演習の
中止を発表した挙げ句、北の体制保証
までしてしまったのだろう?

衝撃でしょう、米軍関係者にとっては。

というか、日本にとっても。

いつ裏切るか分かりませんからね、
北朝鮮という国家は。

今から10数年前にも似たような合意を
した北朝鮮でしたが、核廃棄どころか、
核を新たに作っては、日本はおろか、
アメリカにまで届くようなものまで
作ってしまったのが現実です。

「世界最貧国」の一つでもある北朝鮮が、
「世界最大の軍事強国」であるアメリカ
を相手にこのような外交をすれば、他の
「最貧国」が「じゃあ、オレも」と思って
しまいかねないんじゃないかなあ・・・。

もっとも、共同声明に書かれた内容だけ
ではないとは思うんですがね。

トランプ大統領と金委員長の間で約束
された「口約束」は。

こればかりは、遠い将来にならないと
分からないでしょう。

二人の回顧録でも出る時にならないと。

日本にとっては、拉致問題をトランプ
大統領が直接、金委員長に提起できた
ことは、それこそ「史上初」のことで
あり、今後の「日朝首脳会談」に向けて、
最大の懸念材料である「拉致被害者の
全員即時帰国」を促すきっかけには
間違いなくなるはずです。

拉致被害者の家族の親御さんは高齢で
あり、一刻の猶予もない状況です。

本来であれば、「自国民が拉致されたら、
国家が取り戻しに行く」のは、どの国で
あっても当然のことであります。

しかし、日本の場合、特殊でして、
憲法がそれを許さない。

アメリカが作った日本の憲法が。

拉致された国民を取り戻すために軍事力
を使うというのは、どの国でも当たり前
のことでありますが、日本ではそれが
できない。

だからこそ、憲法改正が長年の議論に
なっているのですが、「当たり前」の
ことが分からない日本人が多すぎる。

野党を中心として。

・・・まあ、これ以上は長くなりますので、
いずれ別の機会に触れたいと思いますが、
「拉致された自国民を放っておいて、
それで国家と言えるのか」ということ
だけは、改めて、念を押して訴えておき
たいですなあ。

今回の米朝首脳会談、まずは初回です。

これからじゃないですか。

最初からすべての問題が解決される
はずもない。

朝鮮戦争だって、60年以上経って、まだ
終結していないわけですから。

今後も、北朝鮮の動きについては、
私も引き続き、注視していきたいと
思います。

当ブログで触れるかどうかは別として。



*こういう本を読んで、「頭を柔らかく
する」のも大事なことです。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジョーク集トランプvs.金正恩 [ 早坂隆 ]
価格:1300円(税込、送料無料) (2018/6/14時点)







posted by あらやまはじめ at 23:17| 神奈川 ☁| 北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ↓

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


ニュース全般 ブログランキングへ