2018年04月23日

「ユヅくん」、羽生結弦のパレードは、私にとっても思い出深い、仙台の東二番町通りで昨日行われましたが、10万8千人も集まった!・・・「ここは本当に仙台か?」と思わずにはいられませんでした、仙台も変わりましたね、いい方向に






当ブログの記事更新も久々となりました。

いろいろと話題はありますが、今日は
私の故郷「仙台」絡みの話題と参り
ましょうか。

忙しい中、キナ臭い話題はあまりしたく
ないですしね。

昨日、「ユヅくん」こと羽生結弦が
故郷の仙台でパレードを行いました。

私も昨晩、ニュースで見ましたが、
驚きましたね。

何に驚いたかと言えば、パレードに
集まった、その大観衆にですよ。

私は10歳〜26歳まで、断続的に、
10年あまりを仙台で過ごしました。

父の仕事の関係で「断続的」だったん
ですなあ。

高校を卒業してからは、一応4年間
アメリカに留学もしましたし。

でも、両親が仙台出身で、どこに
住んでいても、いずれ仙台に戻る
ことは分かっていましたので、
いまだに「仙台出身」と名乗って
いるわけです。

昨日の大観衆を見て、「ここは本当に
仙台か?」と思いました。

私が過ごした時代に、仙台であれだけ
の大観衆が路上を埋め尽くしたことは
一度もありません。

というか、パレードなるものを仙台で
私は経験したことがない。

ありえない。

昨日の「ユヅくん」のパレードは、
仙台の中心部の大通りである東二番丁
通りで行われましたが、あの場所も
私にとっては思い出深い。

なぜなら、あの通り沿いの高校(東北
学院)に3年間通っていたからです。

今は移転して、跡地はホテルになって
しまいましたが。

まあ、あの通りは片道3車線、いや、
4車線かな、歩道も広いし、パレード
をやるにはこの上ない立地ですよ。

10万8千人も集まったんですか?

すごいね。

考えられない。

というか、「ユヅくん」が仙台出身で
あるということが、もはや、「本当?」
と思ってしまうくらいに、私も神奈川
での生活が長くなってしまいました。

もう17年くらい住んでいるわけです
から、仙台にいた時間よりずっと長い。

隔世の感があります。

私は「保守的で、変わろうとしない
仙台」が嫌で上京したわけですが、
「ユヅくん」といい、数年前に
日本一になった楽天といい、私が
仙台を離れてから、考えられない
ようなパレードが続いて羨ましい
限りですよ。

変わったなあ、仙台も。

いい方向にね。

もちろん、東日本大震災もあったわけ
で、私もたまたまその日は仙台にいま
したから、いいことばかりだったわけ
ではないですが・・・。

マイナスばかりでもないし、プラス
ばかりでもない。

人生そのものですよ。

ここ数年の仙台は。

私の母は仙台に住んでいますし、
まだまだ私自身、仙台は気になる
街です。

今年の楽天イーグルスは、まだ
シーズンが始まったばかりでは
ありますが、パリーグの最下位を
独走中でして、そんな中で仙台
市民、いや、宮城県民を勇気
づけてくれた「ユヅくん」には
感謝しかないですな。

まだ、23歳でねえ・・・。

私の年齢のほぼ半分ですが、
学ぶことが多いですよ。

「ユヅくん、ありがとう」としか
言いようがありません。

「仙台を変えた男」かもしれないね。



*「ユヅくん」本、一気に紹介して
おきましょう! ↓




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

夢を生きる (単行本) [ 羽生 結弦 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/4/23時点)










posted by あらやまはじめ at 22:10| 神奈川 ☔| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ↓

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


ニュース全般 ブログランキングへ