2018年03月11日

貴乃花親方の相撲協会告発について一言・・・こうなったら、とことん戦って、相撲協会が公益財団法人を剥奪されるところまでやるべきでしょう、もう




夜も遅いので、手短かに参ります。

先に、私は「大相撲ブログ」で、
この問題について当ブログで
土曜日中に取り上げることを
お知らせしました。

日をまたいでしまいましたが、
土曜の夜なので、ご勘弁を・・・。

貴乃花親方が相撲協会を告発
しました。

これについて、様々な意見が
噴出していますが、私の思う
ところはただ一つです。

「こうなったら、貴乃花親方は
相撲協会ととことん戦うべき」

これに尽きます。

もう、失うものもないのでしょう。

貴乃花親方は理事選でも惨敗しま
したし、その直後、テレ朝に出演
しては単独インタビューを敢行。

相撲協会からどうこう言われても、
どこ吹く風です。

特筆すべきことは、貴乃花親方が
相撲協会を監督する内閣府に告発
したこと。

内閣府もこれにより、相撲協会
への立入検査をする可能性が
出てきました。

こうなると、困るのは相撲協会の
はずでしてね。

前代未聞ですから、協会だって、
どうすればいいのか分からない
はず。

こうして、協会を慌てさせることで、
「浄化」の方向へ進むのであれば、
これはこれで貴乃花親方の行動には
一理あったとなるでしょう。

一部報道では、相撲協会が公益財団
法人を剥奪される可能性も出てきた
ことを指摘しています。

現実的にそれはないかと思われます
が、ここ数か月の角界の惨状には
目を覆うものがあります。

協会の対応がひどければ、内閣府
だって人間ですからね、本当に
剥奪されるかもしれませんよ。

少なくとも、そういう危機感を
協会に持たせて、背筋を正すこと
こそが大事であって、今回の貴乃花
親方の行動には既に評価すべきもの
があると私は思っています。

明日、というか、今日から春場所が
始まりますが、再び、いや、三度、
土俵外の話題が席巻する可能性が
大きくなりました。

理事長選も近々あります。

影響はゼロとは言えないでしょう。

ちょっと、注目ですよ。


*併せて、どうぞ。↓









posted by あらやまはじめ at 00:25| 神奈川 ☀| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ↓

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


ニュース全般 ブログランキングへ