2018年02月27日

東スポ一面の「日馬富士 まさかの角界残留」には、何をかいわんやですよ・・・ケジメはどこに行ったのか、伊勢ヶ浜親方並びに相撲協会は世間というものが全く分かっていない、もう解体した方がいい




夜も遅いので手短かに参ります。

今日、帰宅時、駅のキオスクで
東スポの見出しを見て、驚き
ました。

「日馬富士 まさかの角界残留」

・・・早速、購入してチェックした
ところ、既に伊勢ヶ浜部屋には
コーチとして日馬富士が正式に
就任し、木札までが稽古場に飾ら
れているということでした。

何をかいわんや、ですよ。

日馬富士が引退した「ケジメ」は
どこに行ったのか。

これ、師匠の伊勢ヶ浜親方は当然、
相撲協会には報告をしているはず
です。

でなければ、後で大問題になった
時にまた協会は責任を問われかね
ませんから。

世間というものが全く分かって
いないですね。

伊勢ヶ浜親方はもちろん、相撲
協会も。

そもそも、協会に一般常識なる
ものは私は求めていませんが、
常識どころか、良識すらない
ことがますます明らかになり
ました。

もう解体した方がいいんじゃない
ですか、協会は。

詳細については、明日以降、
改めてどこかで報じたいと
思います。



*注目の一冊が発売されました。↓






posted by あらやまはじめ at 23:54| 神奈川 ☀| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ↓

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


ニュース全般 ブログランキングへ