2017年10月01日

小池さんの「リベラル排除」の動きは、予想以上に強烈ですね・・・「自民・希望・維新」で保守大連合もあり得るんじゃないですか、面白くなってきました




ここ数日で、衆議院選挙に向けて、
新たな動きが出てきました。

なにより、注目すべきは、小池
百合子「希望の党」党首による、
民進党の「リベラル排除」ですよ。

ここまで、とは私も思っていません
でした。

強烈です、はっきり言って。

しかし、この動きにより、小池さんが
来たる衆議院選挙で過半数を取りに
行っていないことも明らかとなりました。

これ、思い出すのは、小池さんが
日本新党から出馬し初当選した
93年の衆議院選挙です。

あの時、日本新党は30数議席しか
取れませんでしたが、野党大連立
により、党首の細川護熙さんが
総理大臣になりました。

その再現を狙っているんじゃない
ですか、小池さんは?

今回の衆議院選、希望の党は「少数
精鋭」で行く姿勢が明らかです。

ということは、過半数はおろか、
第一党に躍り出る可能性もなく
なったということです。

しかし、希望の党が数十議席獲る
ことにより、自民・公明の与党は
過半数を取れない可能性があります。

そうなった場合、「安保法と憲法改正
に賛成」の希望の党がキャスティング
ボードを握ることになるでしょう。

自民はその場合、思想的に近い、希望の
党と日本維新の党を巻き込んで、保守
大連立を組むのではないか。

もちろん、その際には「小池百合子
総理大臣」をちらつかせてね。

安倍総理からしても、念願の憲法改正
を小池さんがしてくれることを確約
してくれるのであれば、飲めない話
ではないでしょう。

日本国にとっても、悪い話ではあり
ません。

・・・面白くなってきました。

小池さんの人気は、主婦層を中心に
絶大ですからね。

安倍総理のことが嫌いであっても、
小池さんの言うことなら、聴く。

安倍総理のやりたいことを小池さん
が引き継ぐとなれば・・・。

憲法改正にも光が見えてくるんじゃ
ないですか。

いい加減、憲法改正しないと、とても
じゃないですが、北朝鮮からの「突発
事故」に耐えきれないですから。

日本がかの国の核ミサイルによって
存亡の危機を迎えている時ですよ。

日本人であれば、わが国がなくなって
「良かった」と思う人など、一人も
いまい。

もしそう思うのなら、日本からさっさと
出て行って、北朝鮮にでも行けばいいん
であってね。

朝日新聞がかつて熱弁していた「地上
の楽園」に行って、心身共にひもじい
状況に置かれればいいんです。

行ってから後悔しても遅いんですよ。

「平和ボケ」が多すぎる。

多くの「平和ボケ」は、なぜか安倍総理
を嫌っていますが、小池さんのことは
さほど嫌っていません。

むしろ、熱烈に支持している人の方が
多い。

これも、理由が分かりませんが。

「空気」でしょうな、たぶん。

それも、平和ボケである証左ですが、
小池さんが彼らにここいらで本気の
喝を入れてくれるのであれば、日本に
とって悪い話ではありません。

「小池総理大臣」の可能性は出てきた
と思いますよ。



*「平和ボケ」なんだから、小池さんの
マスクでもかぶって、応援しなさい。
いずれ、日本のためになるでしょうから。↓







posted by あらやまはじめ at 23:53| 神奈川 ☁| 衆議院選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ↓

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


ニュース全般 ブログランキングへ