2017年09月17日

安倍総理による「衆議院解散の前倒し」は当然・・・民進党の体たらくに加え、都民ファーストが党になる前に選挙をやっておかなければ、自民党は勝てません・・・安定政権の持続ですよ、今必要なのは




今日になって、「衆議院解散の前倒し」
が大きく取りざたされることとなり
ました。

安倍総理は今月28日に召集される臨時
国会の冒頭、衆議院の解散に踏み切る
ことは決定的でしょう。

つい数日前、麻生副総理が安倍総理に
「解散するなら今だ」ということを
進言したことが話題になっていました
が、私はこれを聞いて「そのとおりだ」
と感じていました。

民進党は離党者が続き、スキャンダル
まで起こり、もはや政党の体をなして
いません。

また、都民ファーストが動き始めては
いるものの、政党として国政に進出
するのは、数か月先であることも
今回の解散の前倒しの主な要因の
はずです。

東京都議選では、都民ファーストに
完全にやられたわけですから。

・・・まあ、都民ファーストもここに
来て、いろいろなほころびが出て
きていますが、それはさておき。

なにより、自民党からすれば、
「安定政権の持続」なんですよ。

今必要なことは。

北朝鮮のミサイルがいつ飛んで
くるか分からない緊迫した状況が
続く中、「素人」に政治を任せる
わけにはいかない、という信念も
安倍総理の背中を押したんじゃ
ないですか。

民進党はおろか、都民ファースト
のような素人集団に過半数を
取らせるようなことになれば、
日本国は大混乱に陥りますよ。

そして、そういう状況を北朝鮮は
望んでいるわけです。

あるいは、中国あたりもね。

まあ、朝日新聞や毎日新聞は、例に
よってゴチャゴチャ感情的になって
いるのでしょうが、放っておけばいい。

衆議院選挙で、国民に信を問う。

この結果で、今後安定政権が続く
のであれば、「世界の中の日本」に
とってもいいことですから。

日本が不安定になって喜ぶのは
北朝鮮や中国のような国だけです。

世界中で不安定要素が続いている中、
「安定した日本」は世界の光明でも
あるんですよ。

なぜ、分からないかなあ?



*希望を持つのは結構ですが、どんどん
ほころびが出てきていますよ。↓


posted by あらやまはじめ at 21:58| 神奈川 ☔| 衆議院選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ↓

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


ニュース全般 ブログランキングへ