2017年09月01日

週刊文春は日野皓正さんを貶めて、何をしたいのか?・・・週刊新潮の記事を盗んでおいて、いまだに謝罪がないのでは、朝日新聞と同じじゃないですか




昨年の今頃は、当ブログでも絶賛して
いた週刊文春ですが・・・。

数か月前に週刊新潮の記事を盗んだ
一件があって以来、私は全く読んで
いません。

というか、なんで謝罪しないんだろう
ね?

文春によって報道されて、傷付き、
信用を失ってしまった政治家や
芸能人は、ことごとく謝罪する
憂き目に遭っています。

謝罪が「当然」の人もいれば、
「この人は別に謝らなくても・・・」
という人もいますが、軒並み謝罪
している。

にも関わらず、いざ、我が身が
新潮の記事を盗んだとなると、
文春は謝罪しない。

うやむやにしたまま数か月が
過ぎています。

これ、虚偽の慰安婦報道を数十年
していて、「間違っていた」とは
認めたものの、謝罪していない
朝日新聞と同じじゃないですか。

結局、文春も朝日と同じような
体質なんだろうね。

がっかりですよ。

文春を絶賛していた我が身が情け
なくなる。

もう、買わないよ、この週刊誌は。

今週の文春も、取り上げたくもない
ですが、ジャズトランぺッターの
日野皓正さんが演奏会の際に中学生を
ビンタしたことを記事にしていますが・・・。

正直、私は日野皓正さんのことは
名前くらいしか知りませんが、それでも
世界的なジャズトランぺッターとして
名高いことくらいは知っています。

その日野皓正さんを貶めて、文春は
何をしたいのか?

何の目的で、そのような記事を出して
いるのか?

もう、ネタギレなんじゃないですか?

いい迷惑ですよ、日野皓正さんに
とっては。

だいたい、ビンタされた方の中学生も
その両親も「自分たちの方が悪かった」
と言っているわけでしょう?

何のための記事なのか?

ページを埋めるために、記事を
「作って」いるとしか思えない。

だれも喜ばない、だれも得をしない
記事を出してどうするのか?

もう廃刊した方がいいですよ、文春は。

みっともないにも程がある。


*日野皓正さんのCDやグッズ、一応
紹介しておきます。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダブル・レインボー [ 日野皓正 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/9/1時点)







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日野皓正プロデュース焼酎Jazz Street (ジャズストリート)(720ml)
価格:1296円(税込、送料別) (2017/9/1時点)



posted by あらやまはじめ at 23:49| 神奈川 ☔| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ↓

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


ニュース全般 ブログランキングへ