2017年05月03日

憲法記念日の今日、産経新聞一面の「憲法70歳。何がめでたい」には、膝を打ちました・・・同じ敗戦国のドイツでは59回、200条もの憲法改正がされているというのに・・・



今日は憲法記念日です。

施行70年を迎えました。

私が購読している産経新聞の一面
には、「憲法70歳。何がめでたい」
との見出しが躍りました。

これはねえ、膝を打ちましたよ、
読んでいて。

産経新聞の論説委員兼政治部
編集員の阿比留瑠比さんの記事
でしたから、私にとっては安心
して読めました。

趣旨をまとめれば、こうなります。

・現行の憲法は、GHQの若手がごく
短期間で草案を作り上げ、そこには
日本の非武装化・弱体化を狙う明確な
意図が込められていた。

・そんなものを我々は後生大事に
70年も神棚に飾って、全く手を
触れずにきたのだから、とても
祝う気にはなれない。

・しかし、時代は変わり、現在、
世論調査でも憲法改正に賛成の人は
過半数を越えている。

・現在の憲法には、89条で禁じられ
ている私学助成が制度として存在
する矛盾や、そもそも日本語の
おかしさなど、手を入れるべき
箇所はたくさんある。

・何より、前文は罪深い。存在
しない子供じみた絵空事を国の
最高法規で説くことで、9条2項と
連動し、日本人のモラルと国際
感覚、現実認識をゆがめてきた。

・厳しくしかられた子どもが、
卑屈に大人を見上げて、許しを
乞うているようなみっともない
文章である。

・国民主権、基本的人権の尊重、
平和主義という基本的な原則は
守りつつも、憲法には全面的な
改正が必要。


・・・まとめれば、このようになり
ますかね。

もう、分かり切っていることです。

ましてや、北朝鮮の核・ミサイルが
戦後最大級の脅威となっている中、
現実を顧みず、まだ「憲法改悪反対」
などと呑気なことを言っている
リベラルな連中に関しては、
「頭の中はどうなっているのか」
と疑わずにはいられません。

北朝鮮の核・ミサイルを頭上に受けて
率先して死にたいんですかね、彼らは?

あるいは、日本が国ごと消えた方が
いいと思っているのか?

よく、共産党あたりが「子どもを戦争に
行かせたがっている」などと言って
いますが、これこそデマの類でしてね。

票を取るためなら、そういうことを
寝ないで考える連中ですよ、彼らは。

むしろ、子どもを戦争に行かせない
ために、ひいては、日本国を我が身で
守るために、憲法改正するんでしょう
が。

まあ、9条だけではないですがね、
憲法の矛盾は。

正直言って、どうしようもない憲法
ですよ。

日本の戦後は、9条ではなく、日米
安保によって守られてきたんです。

ようは、アメリカの軍事力ですな。

それがなければ、日本はとっくに、
中国なり北朝鮮なりに乗っ取られて
いますよ。

今日の産経新聞のコラム「産経抄」
には、同じ敗戦国でもドイツの憲法は
2012年7月までに59回、延べ200条の
改正が行われたことが記載されて
います。

同じ敗戦国でもドイツと比べると・・・。

国家としての体をなしていませんよ、
日本は。

改憲の国会発議と国民投票は来年
あたりが山場になります。

ここで変えなければ。

来年では遅いくらいです。

人間だって、70年も経てば、体中に
ガタが来ます。

うちの父は、69歳で亡くなりました。

憲法だって同じです。

変えるべきところは変えていかないと、
それこそ死んでしまいますよ、日本と
いう国自体が。



*阿比留瑠比さんの本、いくつか
紹介しておきます。↓








posted by あらやまはじめ at 21:42| 神奈川 ☁ | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ↓

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


ニュース全般 ブログランキングへ