2016年07月21日

先程、「NHKをぶっ壊す!」なる公約を政見放送で語っていた人は?・・・「NHKから国民を守る党」の立花孝志さん?・・・すごいね、当のNHKで語ったのですから



私は、だいたい22時過ぎに夕食を
作り終わって、娘と食べるのですが、
先程、「クローズアップ現代」が
終わった後の東京都知事選の政見
放送を見て、食事を進める箸が
止まりましたよ。

この手の政見放送、私は、都民でも
ありませんし、まず見ることはない
のですが、今晩最初に出てきた人
には驚いた。

いや、見ていた誰もが驚いたこと
でしょう。

なにしろ、当のNHKで「NHK批判」
を繰り広げたのですから。

というか、「NHK批判」しか語って
いなかった。

政党名からして、すごい。

「NHKから国民を守る党」ですよ。

NHKから国民を守る党。

立候補した人の名は、「立花孝志」
さんです。

元NHK職員だとか。

もっとも、立花さんのNHK批判は、
至極真っ当で、私も「いいぞ」と
思いました。

受信料で経営が成り立っているのに、
職員は給料をもらい過ぎ。

そのくせ、不祥事だけは毎日の
ように起きている。

注意喚起はされているのでしょうが、
組織が大きすぎて、行き渡らない。

だから、不祥事が減らない。

しまいには、恫喝まがいの受信料
徴収をする。

などなど・・・。

私個人で言えば、年を取ったせいか、
最近は、テレビではほとんどNHK
しか見ません。

ですが・・・。

受信料も払ってはいるものの、腑に
落ちない点は当然あったわけで・・・。

そんな層には、メッセージが届いたん
じゃあないですか。

惜しむらくは、立花さんがNHKを批判
するだけだったことです。

NHKを批判するのは大いに結構ですが、
それだけで都政を任せられるかと
言えば・・・。

大方の都民は、NHKに疑問を抱きつつ
も、他にもたくさんの懸案を抱えて
いるわけでしてね。

ちょっと、もったいなかった。

政見放送の持ち時間の制限はあった
にしても。

まあ、でも、こういう候補もいて
いいんじゃないですか。

「泡沫候補」とはあえて言いません。

日本が民主主義の国である、何よりの
証拠ですよ、これは。

独裁国家だったら、国営放送の場で、
国営放送を批判することなど、絶対に
できない。

北朝鮮とか中国とかではね。

どれくらいの票を獲得するのかは、
やってみなければ分かりませんが、
ある程度、一定の票を獲得すれば、
それは「都民の声」として、NHKの
経営改善にも多少は影響が出てくる
かもしれない。

本来、国政の場で議論をお願い
したいところではありますがね。

NHKは全国放送ですから。

しかしねえ、立花さんの口癖、もとい、
公約は「NHKをぶっ壊す!」ですよ。

左手で拳を握りしめてね。

一緒に見ていた中三の娘は釘付け
でした。

若者に政治への関心を抱かせて
くれたことには感謝したいですね。

投票結果がどうなるのか、注視したい
と思います。



*立花孝志さん、こちらの雑誌で、
やはり、NHK批判を繰り広げています。↓

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ジャパニズム 13 (単行本・ムック) / 青林堂
価格:1008円(税込、送料別) (2016/7/21時点)




posted by あらやまはじめ at 23:26| 神奈川 ☔ | TrackBack(0) | 東京都知事選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ↓

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


ニュース全般 ブログランキングへ