2015年03月27日

【やや速報】大塚家具の株主総会、久美子社長の圧勝に終わりました…週刊文春の「遺言」通り、勝久会長は春日部に帰る時が来ましたよ、かわいそうですがね



なんやかんや言って、私も注目して
いた大塚家具の株主総会が終わり
ました。

結果は、久美子社長の圧勝に終わり
ました。

61%ですか?

一般株主が久美子社長を支持したと
いうことでしょう。

これはねえ、勝久会長は、静かに去る
ときが来たとでも言いましょうか。

今日、私が購入した週刊文春にも
勝久会長の「遺言」が載っていました
が、「私は春日部に帰る」、それで
いいんじゃあないですか。

このニュースを読んでいて、私が最も
印象に残ったのは、一般株主の「親族
のために株主になったわけじゃない」
というコメントでした。

その通り。

株主からすれば、カネを出しているん
だから、業績を上げて、配当金をくれ
れば、それでいい。

勝久会長は、「泣き落とし」に出たよう
ですが、やっぱり一昔前の経営者である
ことを、図らずも露呈してしまった。

心情的には、私は勝久会長の味方です
がね。

いや、本当に勝久会長は気の毒ですよ。

実の娘から、このような仕打ちを受ける
とは、「子育てが間違っていた」と言い
たくもなる。

子育ては難しい。

仕事ばかりしてきた父親が、ろくに
娘の子育てをしてこなかった、その
ツケが今になって回ってきていると
思えば、世の父親は他人事とは思え
ないでしょう。

ですが、勝久会長は71歳でしょう?

私の父は69歳で亡くなっています。

勝久会長、引退してもいいでしょう、
もう。

世の流れには逆らえません。

晩節を汚してはいけない。

勝久会長は、一代で大塚家具をここ
まで大きくしたんです。

その功績は消えません。

久美子社長がどんなに否定しても、
その事実は消えません。

それでいいじゃないですか。
 
名経営者だったんです、勝久会長は。

あとは、娘に任せましょうよ。

なんだかんだ言っても、いずれ、
久美子社長だって、トシを取れば
分かるときが来ます。

その時に、アドバイスしてあげれば
いいんです。

勝久会長には、お疲れ様でしたと、
私は労いたいと思いますね。



posted by あらやまはじめ at 19:28| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ↓

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


ニュース全般 ブログランキングへ