2014年07月10日

原田泳幸さんがトップに就任したからこそ、ベネッセの顧客情報流出は暴き出されたのでしょう・・・正常化して良かったんじゃあないですか

私は以前、仕事でベネッセと多少の関わり
がありまして、娘が小学校低学年〜高学年
にかけて「こどもチャレンジ」を定期
購読していました。

やめてから3年くらい経ちますが、ここ
数か月のベネッセからの「DM攻勢」には
辟易していましてね。

名前や住所がDMにくっついているから、
捨てるのも一苦労なんですよ。

個人情報はシュレッダーにかけなければ
何があるか分からないご時世ですし。

他にもDMが来ていたかもしれませんが、
すぐにシュレッダーをかけられる
ハガキなどは速攻で捨てていますので、
気付かなかっただけかもしれない。

今朝の朝日新聞にも一面に載った、
ベネッセの顧客情報流出問題。

760万件とも、最大で2070万件になる
かもしれないとも言われている。

でもね、この流出、いつ起こったのか
が書いてありません。

結構前からあったんじゃあないですか。

そもそも、ベネッセは元々「福武書店」
といって、創業家がずうっと支配して
きた会社です。

個人情報保護法違反の出来事が起こった
としても、内部でつぶすことは簡単
だったはず。

しかし、数か月前に、マクドナルドで
辣腕をふるった原田泳幸さんがトップに
招かれました。

おそらく、原田さんのリーダーシップで
今回の顧客情報流出問題も暴き出された
んじゃあないですか。

だとすれば、ベネッセにとっては、
正常化への第一歩です。

逆に良かったんじゃあないですか。

原田さんの本は、私も過去に何冊か
読んでいますが、マクドナルドのトップ
に就任したときも、ゼロからの、いや
マイナスからのスタートでした。

そこから、V字回復を成し遂げるわけ
です。

その経営手腕については、ここでは
割愛しますが、何かと勉強になると
いうかね。

ベネッセでも、これで「マイナスから
のスタート」となります。

ここから、どう経営改革をしていく
のか。

私は、そちらの方に興味がありますね。

ベネッセという会社、私は嫌いでは
ありません。

今後の推移を注目していきたいと
思いますよ。


*原田泳幸さんの本、これなんかは
非常に読みやすいですよ。↓

posted by あらやまはじめ at 11:19| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ↓

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


ニュース全般 ブログランキングへ