2020年07月04日

熊本が大雨で浸水災害が起こり、死者も出て、被災者もこれから避難所でコロナ対策もしなければならない中・・・歌舞伎町のホストの危機感のなさには愕然とする、いい加減、転職したらどうだい?





今朝、起床したら、熊本が大雨で
浸水災害が起こり、死者も出た
ことをニュースで見ました。

全くいたましいニュースでしてね。

映像を見れば、車が逆さまになって
いたりして、東日本大震災の時の
津波の後のような光景でした。

たかが雨とあなどってはいけない
ことがよく分かります。

雨も大雨になれば、場所によっては
津波のような災害を起こします。

ホント、私の住む場所も多摩川の
近くで、マンションの1階に住んで
いますから、「万が一」ということ
も考えますよ、こういうニュースを
見るとね。

お亡くなりになった方々にはお悔やみを
申し上げるしかありませんが、問題は
これから避難所に行かなければならない
であろう被災者の方々です。

コロナ対策だってしなければならない。

避難所はそれこそ「3密」になります
から。

懸念されていたことが現実になって
しまいました。

そんな中、コロナ関連で言えば、東京都の
感染者が三日連続で100人を超えました。

とはいえ、そのほとんどが歌舞伎町や池袋の
ホストだったり、キャバ嬢だったりします。

もうねえ、その危機感のなさには愕然と
します。

結局、彼らにとっては、「体よりカネ」
なんですよ。

特に、ホストにとっては、「指名を取ら
ないと生きていけない」なんて話も聞き
ます。

なら、「ホスト、辞めれば?」と私なんか
は思います。

私もこれまで、何度か転職してきました。

ホストのような風俗業には就いたことは
ありませんが、少なくとも、独身の間で
あれば、仕事なんて、探せばなんぼでも
あります。

ホストをやっている連中は若いはず。

であれば、わざわざ「指名を取らないと
生きていけない」仕事をしなくても、
世の中には他に仕事がいっぱいある
ことを教えてあげたい。

歩合制じゃない仕事の方が多いですよ。

世の中。

私がかつて生業としていたコールセンター
もあれば、ガテン系の仕事だってあるし、
私に言わせれば、「なぜ、そこまでして
ホストにこだわるのか」と思う。

どの業界でもそうでしょうが、歩合制で
成果を上げられるのは、せいぜい2割です。

残りの6割は現状維持で、他の2割は給料が
下がる。

そういう風になっているんです、世の中は。

でないと、どんな業界だって、ビジネスと
して成り立たないわけですから。

ホストの世界なら、歩合制で成果を上げら
れるのは1割以下じゃないですか。

特殊な世界ですし。

ホストの世界で成り上がれるのは、1割
以下。

それなのに、「体よりカネ」を優先して
いたら、カネを稼ぐ前に体を壊して、
結局のところ、命を縮めて死にかねない。

本末転倒です。

ましてや、コロナに感染したら、死に至る
確率が普通の病気と比べても高くなるわけ
ですから、最悪ですよ。

このご時世で、しかも、「夜の街の感染が
多い」ことがこれだけ喧伝されていれば、
ホストクラブに行く客だって間違いなく
減ります。

いい加減、転職したらどうだい?




*「ポスト・コロナ」を考えるいい機会です。↓







posted by あらやまはじめ at 22:17| 神奈川 ☁| 気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ↓

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


ニュース全般 ブログランキングへ